文章上達のツボ~わかりやすい文章(HOME) 文章上達法ブログ/エッセイ●猫と写真
  外国猫と日本猫の鳴き声の違い|ノルウェージャン…の不思議

文章講座①分りやすい文章/悪文を直す文章講座②魅力的な文章/構成~推敲文章いろいろ 就職作文・書く仕事~自分史ブログ・エッセイ
①文の構造と悪文 ②読みやすい文章 ③テーマと準備 ④構成と構想 ⑤一行目とつかみ ⑥推敲と完成 ⑦簡潔・共感・リズム 

外国猫と日本猫の鳴き声の違い
     ノルウェージャン…の不思議

 ほとんどの方がご存知だと思うが、英語では猫の鳴き声をmew と表記する。実際、英語圏の人にはそう聞こえるのだろうが、どちらの耳が正確なのかは不明だ。聞きようによっては日本猫も「ミュー」と鳴いているように思える。

 そこで、他の言語も調べてみた。すると、お隣の中国では「ミヤオミヤオ」、韓国は「ヤオンヤオン」、フランス「miaou(ミヤーウ)」、ドイツ「miau(ミヤオ)」という感じで、日本と韓国以外はほとんどの国が「ミヤ」かそれに近い発音で始まっている。どうやら日本人の耳は少数派のようだ。

子猫時代は多彩な鳴き声。やがて「ニャ~」に統一される?

 それはともかく、我が家の日本猫(ジン)の鳴き声は幼い頃、その時の感情によっていろいろ変化していた。たとえば、甘えたい気分は「マオ」で、興奮して走りだす時は「モア!」と気合を入れる。また、食事を出されると「ワーン」と言って喜ぶのである。何度聞いても「ニャ」の発音は出てこない。「ニャオ」にいちばん近い鳴き声は「ナオ」である。どうも、「真央」とか「菜緒」など、今どきの若い女性の名前で鳴くことが多い。ひょっとしてこれはオス猫のせいか、などと馬鹿なことを言っているうちに、JINの鳴き声が変化してきた。

 去勢手術をして満1歳を過ぎた頃からである。JINは「ニャーニャンニャオン」と、由緒正しい“日本語の三段活用”で鳴き始めたのだ。

ノルウェージャンフォレストキャットの
「鳴かない」説から「キュルル」まで

 
 JINが6歳になった頃に、我が家にノルウェージャンフォレストキャット(メス猫=LUNAと名付ける)を迎えた。先住猫JINとの相性が問題で、3~4か月は苦労したが、その件は後日お話しするとして、問題はその鳴き声である。

 ネットで調べると、ノルウェージャンフォレストキャットは「ほとんど鳴かない」とされる。しかし、我がノルウェージャンのLUNAは「クイーン」と鳴くではないか。「ノルウェーの森に差し込む月(LUNA)の光」と「QUEEN」の響きは、高貴にして幻想的…などと自画自賛していると、やがてLUNAは「キュルル」とも鳴くようになる。しかし、先のJINの鳴き声が、満1歳を過ぎてから普通の日本猫の鳴き声に変わったので、LUNAも変化するかも…と思っていた。

 なぜか、悪い予感は当たるものである。1歳半頃から「キュルル」は次第に減り、「クイーン」は「ウイー⤴」に変化していったのだ。子音「K」で始まる珍しい猫の鳴き声は、もう二度と耳にすることはない。ノルウェージャンの多彩な鳴き声を、収録してなかったのが悔やまれる。

猫⑥ (2021年6月)  

  猫⑤へ戻る


ノルウェージャンフォレストキャット(LUNA)

「三匹目のノルウェージャン」に一目惚れして…

 ノルウェージャンフォレストキャットの実物を見るのは、写真のメス猫で3匹目だった。「ペットショップで、血統書付きの高価な猫を買うのは馬鹿げている」…そう思っていた私だが、もともとお気に入りの種類だった上に、毛並みも美貌も、それまで鑑賞した子猫ちゃんとは別格である。
 翌日、さっそく娘に話して一緒に見に行くと、しばらくじっと眺めていた娘がポツンと言った。
 「他の人に渡したくないね…」
 かくして私たちは、それまで口にしていた主義主張をいとも簡単に覆して、翌朝、一目惚れした子猫ちゃん(生後約3か月半)を我が家に迎えたのだった。
 しかし、小躍りするような喜びもつかの間。それは先住猫JINにとっては、思いもよらないバトルの始まりであった。両者が仲良くなるまでの苦悶と工夫については、また後日……。
 
 (写真のLUNAは満1歳3か月)

 HOME  TOP   テーマ別・タイトル一覧