文章力アップの方法 無料講座
わかりやすい文章の書き方から構成・書き出し・推敲まで、文章力アップの方法が分かる無料講座 【文章ドットネット
文章上達法文章講座1文章講座2ステップアップ上級執筆・添削・リライト
講座(章)文の構造と悪文読みやすい文章テーマと準備構成と構想書き出し推敲と完成魅力的な文章

執筆・添削案内>原稿添削リライト/料金表

原稿添削リライト/料金表
ご相談・ご依頼受付中

このページは個人向けリライトの料金のご案内です。
 料金は「非営利」「個人事業(営利目的)」に分かれています。
 その他に、文章指導をご希望の方の加算料金や、手書き原稿による依頼時のタイピング料金も表示しています。

【リライト料金表】

●個人向けリライト(非営利)
 レポート、エッセイ、小論文、自分史(出版も可)、投稿論文、個人サイト…など
●個人事業者向け(営利目的)
 個人事業、物品販売、各種サービスを主目的とした印刷物やウェブの原稿

 ■基本料金1000円+〔原稿枚数×下記単価〕=原稿料総額
 400字詰換算枚数 個人・非営利 個人事業
 30枚まで 1,000円  1,200円 
 31枚超~80枚 900円  1,100円 
 81枚超~ 800円  1、000円 

〔計算例〕 個人・非営利

・原稿用紙4枚相当の場合のリライト料金=1000+1,000×4=5,000円
・原稿用紙40枚相当の場合のリライト料金=1,000+1,000×30+900×10=40,000円
・原稿用紙120枚相当の場合のリライト料金=1,000+1,000×30+900×50+800×40=108,000円
〔注 料金は元の原稿枚数によって計算されます。実際のリライト原稿は、枚数が多くなることも少なくなることもありますが、追加料金の請求や値引きはいたしません。

字数の上限・下限がある場合は、あらかじめお申し出ください。

【参考】 プロの世界・リライト料の相場は? 

 「一般社団法人 日本編集制作協会」によれば、リライト料金の基準は次のようになっています。

・単行本(文字中心、B6判・A5判)の場合  400字当たり=2,500円以上

 本サイトでは非営利・個人ということも考慮し、「最低料金×40%」でお請けしております。ちなみに、完成原稿の執筆料は、400字当たり4,000円となっています。実際の取引はこれよりもかなり高いのが実態です。

タイピングが苦手な方は…

●手書き原稿による依頼(タイピング料金)
 依頼原稿はワード文書が原則ですが、タイピングの苦手な方は手書き原稿でも承ります。
 手書き原稿加算料金:原稿用紙1枚当り単価=200円

 添削について
 文章の添削を希望する方もいらっしゃるかと思いますが、現在は行っておりません。理由は、文章上達という観点から、添削よりもリライトのほうがはるかに効果的だということが分かったからです。添削は単に国語レベルの問題であり、それぞれの文章の目的に合ったよりレベルの高い表現を身につけていただくためには不向きだと考えます。質の高いリライト原稿と自分の原稿をじっくり見比べることによって、さまざまな表現技術やレトリックを肌で感じ取ることができます。
 参照 「添削とリライトの違い。文章がうまくなるのは?

リライトのお申込から完了までの手順

①あなたの原稿を当センターに送ってください

 原稿は、基本的にはメールでお願いします。下記必要事項を書き、ワードまたはテキスト形式で保存された原稿ファイルを添付してください。なお、依頼原稿が多い場合は、最初の数枚でけっこうです。メール作成は最下段からどうぞ。

 タイピングが苦手な方は、原稿をコピーしたものを郵送することもできます。ただし、リライトとは別に若干の費用が発生します(上記、囲み記事参照)。原稿はお返しできませんので、必ず、手書き原稿をコピーしてお送りでください
●原稿に添える必要事項
 依頼事項(リライトなど)
 原稿の目的や趣旨、原稿枚数(400字詰換算)
 (〒)住所、氏名、性別、年代または年齢、電話番号、メールアドレス
   お問い合わせのみの場合、ご住所は不要です。

②リライト料金と振込先を連絡いたします

 特別なケースを除いて、上記料金表のとおりのお見積でお願いしています。基本的なリライト方針とおおよその納期、及び振込先のご案内を返信メールで連絡いたしします。

③双方合意したら、リライト料金を振り込みます

・リライト料金は原則として全額、指定の口座(ゆうちょ銀行)にお振込みいただきます。なお、原稿枚数が多く、リライト料が5万円を超える場合は、ご希望により半額をまず振込み、残りは後日お支払いにすることもできます。
・なお、ご入金確認前にリライト作業を開始することが多いので、できるだけ速やかにご送金ください。また、ご入金後の取り消しはご容赦ください。

④ご入金確認後、リライト原稿引渡し

 リライト原稿引渡しは、リライト料のご入金を確認した上で、メールにてお送りいたします。
 なお、リライト料が5万円を超える方で半額のみお振込みの場合は、リライト原稿の一部の送付を保留し、全額ご入金後に残りの原稿をお送りすることになります。

⑤ご不満の箇所はご連絡話を

 全リライト原稿をお受取りになった後、何らかの間違いやどうしても納得できない箇所などがございましたら、ご連絡をください。できる限りご希望に沿いたいと考えています。

あなたもお気軽にご相談ください。お見積は無料です。
ご依頼の場合は原稿データ(一部も可)を添付してください。

お問い合わせ及びリライト・添削の「お申込みメール」はこちらから
TEL.043-308-9948(平日9:30~17:00) キオテック 担当:高山
MAIL kiotech-aymail.plala.or.jp (=アットマーク)

●リライトをお請けできない原稿があります

 当センターでは、創作的な文芸作品や、高度に専門的な内容を含む論文、及びリライト業務の領域を超えたご依頼についてはお断りしています。例えば、小説、ノンフィクション、戯曲、理系専門誌向けの原稿、スピーチや個人的な手紙の原稿、コピぺ原稿などがそれに当たります。
  詳しくは りライトができない原稿とその理由

   トップ   HOME