文章力をつける―読みやすい論文・エッセイを書く38のコツ
文章講座①分りやすい文章/悪文を直す文章講座②魅力的な文章/構成~推敲文章いろいろ 就職作文・書く仕事~自分史
①文の構造と悪文 ②読みやすい文章 ③テーマと準備 ④構成と構想 ⑤一行目とつかみ ⑥推敲と完成 ⑦簡潔・共感・リズム 

HOME文章講座1第1章 > 修飾語、接続語、独立語とは

修飾語、接続語、独立語とは

形容詞、副詞、助詞などの修飾語

 
 あとに続くほかの単語や文節に対して、何らかの説明を加える単語または文節のことを修飾語(修飾句)といいます。このうち名詞を修飾する単語が形容詞、動詞や形容動詞、動詞を修飾する単語は副詞です。文節にも形容詞的な用法と副詞的な用法があります。
 日本語では修飾語は通常、必ず被修飾語の前に来ます。

 色とりどりの花が咲いている。
 私たちは少しずつ進歩している。
 少年の描いた絵の奔放さに、大人たちは圧倒された。

 最後の文の修飾語は複雑です。「少年の描いた」の文節が「絵」を修飾し、「絵の」は「奔放さ」にかかって、大人たちが何に圧倒されたのかを説明する役割を果たしています。修飾句の中に主語と述語があって、入れ子細工のようになっているわけです。

接続語(接続詞・接続助詞)

 接続詞や接続助詞はいうまでもなく、文節同士をつないだり、文と文をつないだりする単語のことです。

 雨がぱらついてきた、帰る人はだれもいなかった。
 一週間、必死で練習したのに、成果は上がらなかった。
 我が家には犬と猫とチャボがいる。そして、今日その仲間にミニ豚が加わった。
 大学を中退して家業を継いだ。しかし、それを悔いたことは一度もない。

 ※接続詞については、項を改めて説明します。
  接続詞―用途別6つのパターン

独立語

 文字通り独立性の高い単語のことです。通常は文頭に置きます。

 ああ、楽しい旅行も今日が最後だ。
 2008年1月14日、その日は私たちにとって生涯忘れられないものとなった。

 NEXT:悪文の見本=長すぎる主語、遠すぎる主語と述語
     文章講座1・内容一覧  トップ  HOME