文章力をつける―文章上達講座
 
文章上達法文章講座1文章講座2文章いろいろ原稿添削リライト
ホーム(文章力をつける―文章上達講座/エッセイ・小論文/リライト)

文章力をつける― 文章上達講座/エッセイ・小論文/リライト

   文章講座(全7章)39テーマの一覧表(目次)は下記へ

 


下手な文章、まずい文章の理由と直し方を知ることが、上達の第一歩!

 自分の書いた文章を読み返して「うまく書けてないなあ」と思っても、具体的にどこがどういう理由でダメなのか、気付きにくいものです。推敲の段階でそれが分かれば、ただ書き続けているだけでも文章力がついてくるのですが…。

 そこで初心者はまず、文章以前の「文の構造」から復習をすることが大事です。「ちょっとおかしい文」や「くどい文」「わかりづらい文」の見本を学び、「文法的に正しい文」「すっきりした文」「わかりやすい文」に書き換えることができれば、それだけでも大きな進歩です。

文章力とは伝える技術のこと。分かりやすさは「うまい文章」への必須条件です

 わかりやすい文章を書くために、まず文章講座1では「文の構造と悪文」から始めます。具体的には、主語の省略と偽物の主語、修飾語で気をつけること(言葉の重複)、主語と述語で気をつけること、ねじれ文の起こる仕組み…などのテーマです。わかっていてもうっかり書いてしまう、よく見かけるおかしな文例とその直し方を学んでください。

 つぎに、大事なのは文と文とのつながりです。これがぎくしゃくすると、文章の明快性が失われてしまいます。文のつながりといえば接続詞や接続助詞の正しい使用法が問題になるわけですが、接続詞が多くなるとくどくなります。省略できる接続詞は極力省き、流れのよいすっきりした文章を書きたいものです。また、適切な句読点や段落なども、わかりやすい文章を書く上で不可欠です。
   文章講座1(わかりやすい文章を書くために)index へ進む

小論文やエッセイの書き方を学び、文章力をつける

 「文章」とは、基本的には「2つ以上の文がつながったもの」を指しますが、全体として一つのテーマに沿って書かれていることと、いくつかに分かれたブロックで構成されていることが大事です。その構成法はいろいろありますが、小論文とエッセイでは実際の展開の仕方に多少の違いがあります。

 

書き出す前の準備は十分ですか?

 ところで、「文章力がない」という方に限って、書き出す前の準備を怠りがちです。設計図なしに家は建てられません。文章の一行目を書いてから悩むのは、順序が逆なのです。

 文章ではまず、書くべきテーマを決めます。あらかじめ大まかなテーマが与えられている場合は、それに沿った具体的なテーマに絞り込むわけですが、いずれにしてもテーマに沿った文章素材をいくつか用意しておきます。

文章の構成法を学ぶ

 次に文章全体の構成を考えるわけですが、構成にはいろいろあります。三部構成四部構成が普通ですが、それぞれの展開法にはいくつかのパターンがあり、さらに三部構成の真ん中が三つに分かれた五部構成も有力です。

第1行目の書き方

 こうして文章を書く前の準備が整ったら、実際に書き出すわけですが、書き出しの一行目とそれに続く数行は重要です。特にエッセイでは、読者にテーマを提示し、興味をもって読み続けてもらわなければならない部分ですから、平易でかつ読者の気持ちをつかむ内容表現であることが求められます。

文章の推敲にはコツがある

 ひと通り書き終わったら推敲をするわけですが、文章の推敲にはコツがあります。わかりやすくてなおかつ魅力的な文章にするためには、単調な文章にリズムをつけるとか、紋切り型の表現を避けるなどの技術が必要になります。実際の添削例もいくつか紹介していますので、添削前の作品とじっくり読み比べてみてください。「うまい文章への道は、そう遠いものではない」ことが分かるでしょう。
  文章講座2(小論文やエッセイの書き方)index へ進む

 なお、提出作文、寄稿依頼投稿などの各種文章でお困りの方には、原稿添削リライトのサービスを格安で行っていますので、ぜひご利用ください。


文章力がない方のための、技術以前の心がまえと文章トレーニング法  文章上達法
手紙の書き方就職作文対策文章を書く仕事自分史の書き方…など  文章いろいろ

文章講座(全7章)39テーマの一覧表(目次)

文章講座1 わかりやすい文章を書くために

第1章 文の構造と悪文について
 単語、文節、文、文章の違いとは
 主語の省略と偽物の主語
 修飾語、接続語、独立語とは
 主語と述語で気をつけること
 修飾語で気をつけること
 文の種類とねじれ文が起こる仕組み

第2章 読みやすい文章のための10の基本
 文章とは文と文を論理でつないだもの
 接続詞―用途別6つのパターン
 接続詞はできるだけ省く/指示代名詞をうまく使う
 長い文がいいか、短い文がいいか?
 文章を読みやすくする句読点
 読点の打ち方―原則は10パターン
 適切な文章の段落・改行
 文体の統一は“絶対”ではないが…
 難しい漢字の使用について
 漢字の当て字、旧表記、仮名との使い分け



文章講座2 小論文やエッセイの書き方

3章 テーマ探しと文章を書くまでの準備
 目的から見た文章の種類
 エッセイ・随筆・小論文―違いと共通点
 文章のテーマの探し方
 小論文の課題―テーマの見つけ方
 小論文の採点と「主題」の評価
 文章を書き始める前にする準備

4章 文章の構成と構想
 起承転結は文章に必要か?
 二部構成の文章(序論+本論)
 三部構成の文章(序破急/序論・本論・結論)
 四部構成の文章/小論文の場合
 五部構成の文章(三部構成の発展形)
 エッセイでは体験と観察が大切

5章 文章の書き出し
 書き出し、1行目の書き方
 エッセイの書き出し 5つのパターン
 冒頭のつかみとテーマの提示

6章 文章の推敲と完成
 文章の問題点発見と添削・リライト例
 推敲のコツ―自己添削と自己リライトについて

7章 魅力的な文章の書き方
 文章のタイトルと一行目/簡潔な言葉の力
 単調な文章にリズムをつける
 紋切り型の表現を避け、自分の言葉で書く
 魅力的な文章に書き直す方法(添削例)
 とっつきにくい書き出しを共感できる内容に

  トップへ  文章講座第1章から見る  原稿添削リライト案内